医療法人社団同仁会診療所 クリニック ル・ギンザ 理事長・院長 西池英里子様

立ったり動いたりが多い仕事なら、滑りにくい STICO はマストです。

インタビューこそ座って伺えたが、日常は立ちっぱなし・動きっぱなしの連続という西池理事長。
病院内で動きやすさや安心感が違うことで、圧倒的に疲れにくくなったとのこと。

履き慣れたナースシューズから、最近では安全性や通気性を考え、サンダルシューズなどを使っていました。
でも足の甲部分に穴が空いていると、血液や薬剤が孔から滲みたり、鋭利なものが落下した際には危険性が伴います。
また立ちっぱなしの仕事ですので、足が疲れやすいなと考えていました。
STICO はフィット感に優れ足の甲全体をカバーしてくれているので医療現場に必要な安全性もクリアしていますし、一方で通気孔も確保され蒸れを感じにくい仕様で、長く履いていられます。汚れも付きにくい上、本当に滑らない!から、歩きやすいし疲れにくいと感じられます。
インソールも変えられるので、しばらくこの一足で過ごし続けられそうです。
使用感がいいので、自宅のベランダ用やアウトドア用にも、一般的なサンダルの代わりに揃えておこうかと考えているところです。

立ち仕事が多い中では靴は脱げない。
長く履いていられることは大命題だった。

医療器具や血液など、内勤でも多様なモノを扱う医療の現場だからこそ、滑らない靴が役立つそう。

NEC-03H の色やデザインもお気に入り。
「日常の靴にもできるスタイリッシュさが嬉しいですね」。

働きやすさを考え、疲れにくい STICO をこれからも勧めていきたいと語ってくれた。

関連記事