ronBark Grill & Bar(GINZA SIX)Chef 齋藤 拓也様/大都 朗寛様

ながく履き続けられる疲労軽減効果と安心感の違いが、際立っています。

履き始めてからすっかりファンになったお二人。
「履き心地の良さがやっぱり圧倒的です」(齋藤さん)
「安定感があるところが、以前の安全靴とは段違いです」(大都さん)

履いた瞬間わかるのは、そのクッション性の高さ。長時間立ち仕事になる料理人には最もありがたく、一般的な業務用の安全靴とは比べものにならない 疲労軽減効果があります。
そして、本当に滑らない!調理時はもちろん、タイル敷の店内に出る際も安心して履いて出られる。
包丁などを使う場面でも布や皮革では得られない、仕事で履き続けられる「安心感」が違います。
また「お客様の前に出る」際、食材の汚れなどもご法度ですよね。流線型のフォルムで縫い目もないため、サッと拭くだけで清潔感を保つことができる点も重宝しています。
継ぎ目から水が入ってくる心配もありませんし、インソールを取れば水洗いもできますから、長く付き合っていくことができますよね。
個人的には流線型のフォルムや色のコントラストもお洒落で、二人とも日常用にも購入を検討しているくらい、愛用しています。

ソールも含めて清潔さを保てるところは従来の靴と比べものにならないそう。

タイル貼の床でも気にせず履けるからテナントや場所を選ばない。

タイル貼の床でも気にせず履けるからテナントや場所を選ばない。

料理していて疲れないことで、厨房に立つ時間が、本当に楽になりました。

関連記事